世界民族祭2018 > 最新情報 > 貴志川線に乗って、民族祭に行こう「動くミュージアム・美術館列車」

貴志川線に乗って、民族祭に行こう「動くミュージアム・美術館列車」

昨年の様子。新聞にも取り組みが掲載いただきました。

和歌山電鐵株式会社様の協力の下、10月19 日(土)・20日(日)に開催する「世界民族祭 in 真国≪紀美野町≫」の告知イベントが下記内容にて、貴志川線営業車両および駅をイベント会場として、行われますのでお知らせいたします。

芸術を通じて〝生きる底力〟を育てる紀美野町のりら創造芸術高等専修学校。
「アートで国境 を越え世界とつながろう」と2009年に同校で始まった。今年で5回目を迎え、10月1 9日(土)、10月20日(日)の開催。今回のテーマは「アジアをつなぐ」。 両日は、貴志駅発着の電車時刻に合わせて、貴志駅~会場間の無料シャトルバスが運行されます。

催事名称
世界民族祭 in 真国≪紀美野町≫告知イベント
美術館列車 ~観て楽しむ。ArtTrain~

平成25年 10 月9日(水)和歌山駅 10時 18分発
営業車両の1両を使用

内容
■美術館列車
B3横で中刷りポスターの位置に絵画や写真などの作品を20枚前後展示。

■電車内舞台
1.タップダンス「ウィル・ロジャースフォーリーズ」6名 3分
2.民族楽器ジャンベを使った南アフリカ音楽「ママリエ」6名 4分
3.日本舞踊2名 3分
■貴志駅での舞台発表
1.生徒オリジナル振付のダンス11名 4分
世界をテーマにこの日のためにダンスを創作した作品の発表
2.生徒オリジナル創作リズム音楽13名 4分
世界をテーマにこの日のために創作したノリの良いリズム作品の発表


トップへ戻る / Back to top this page