世界民族祭2018 > 最新情報 > 本年度の予定と特色

本年度の予定と特色

現在予定している2014年度の企画をご紹介します。

前日祭 10月18日(土)
・伝統芸能まつり
・音楽と舞踊の夕べ

当日祭 10月19日(日)
~未来へ生きる星の子どもたちへ~
「ONENESS 国境を越えて」

①各国の舞台発表
野外ステージでの各国の舞台を予定をしています。

②まくにんピック ~和歌山県国体前年祭~
各国参加型運動会
日本における「運納会」は、年中行事と仕手社会的に広く普及したものであり、近代日本独特の体育行事であるとされています。
「運動会」という文化を通して、楽しみながら目標に向かって力を合わせることで、言葉や文化を超えてつながって行くことが目的です。

【ゲーム例】
各国の運動をテーマにしたゲーム、日本の綱引き、玉入れ、リレー
各国のゲーム、運動。
国体ダンスの発表  など

③まくに美術展
第4回まくに美術展は国内外の作家約40名による展覧会と様々な特別企画を予定しています。
・ライブペインティング ・ライブ書道 他

④特別企画
スペシャルメッセージ「インドからのメッセージ」
インドをテーマに特別企画を予定しています。~アジアをつなぐPART2~

毎年主催として活動している、りら創造芸術高等専修学校では2期生が修学旅行としてインドに出向き、また4期生の1人がインドでボランティアスタッフとして3ヶ月滞在していました。
世界民族祭では第1回からギリ、ガネーシュさんが協力いただいて民族祭を非常に盛り上げてくれています。

そこで今回特別企画として、著しく発展しているインドを多くの人に知ってもらい興味を持ってもらいアジアに目を向けまた世界に目を向けてもらうことが目標です。


トップへ戻る / Back to top this page